キャバクラで働いた事がないあなた!
「キャバ嬢は男性にお酒を作り、笑顔で楽しくお話をするだけで高時給が稼げる楽な仕事」なんて思っていたりしませんか?

実際に、求人情報には「お酒を作ってお客様の隣で一緒にお話しをする簡単なお仕事です」などと良い事だけ書かれていたりするので、その程度の認識と軽いノリでお仕事を始めちゃう女の子も多いです。

でもね、実際に仕事をしてみると、、、 思ったように楽しくお喋りが出来なかったり指名がもらえなかったりで、大体の女の子が苦戦を強いられるんですね。
そして営業成績が悪いと、店長から毎日のように小言を言われて精神が滅入ってしまうなんて事も日常茶飯事。

たしかに端から見ると、ナンバー1キャバ嬢はいつもお客様に囲まれて楽しく賑やかにお喋りして、それだけで男性の心を掴んでいるように見えるもの。
ですが冷静に考えてみてください!そんなに簡単に男性の心が掴めたら、誰も苦労しませんよね(笑)

それでは、ナンバー1キャバ嬢と普通のキャバ嬢では、一体どこが違うのでしょうか?

ここで大事な事は、一流のキャバ嬢は「お客様の心を掴む心理テクを駆使している」という事です。
そして心理テクは覚えてしまえば誰にでも活用できるうえ、日常の対人関係でも使えるスキルですので、キャバ嬢を目指すなら是非、勉強してみるといいですよ♪

  キャバクラは疑似恋愛の場所

キャバクラにやってくる男性の多くは、癒し承認欲求を満たすだけではなく疑似恋愛を楽しみたいという心理状態にあります。
もちろん「店内限定の恋愛関係」だとは男性側も分かっているのですが、それでも女の子に優しくされると

 

もしかして本当に○○ちゃんと付きあえるのでは?

 

恋人になれるかも!

なんて思い込んでしまうんですね。

店内だけの一時的な恋愛とはいえ、男性にとっては胸がワクワクする場所なのは間違いありません。
そしてこのムードを男性に感じさせるために覚えておきたいのが、「あなたは特別」という魔法の言葉

例えば、「あなただけに私の本当の気持ちを教えるね」「あなただけに話す事なんだけど…」
・・・といったふうに、「あなただけ」と言う言葉。
男心をくすぐる最強のワードですね。
「俺は特別なんだ」と錯覚して心の距離が縮まると、男性も安心して悩みを打ち明けたり、深刻な話をしたりしてくれるようになりますので、親密度がグッと上がるでしょう。

ここで注意したいのが、単なる疑似恋愛に持ち込むだけでは、関係は長く続かないという事。
下手に疑似恋愛をしてしまうと、本気で勘違いしたお客様と揉め事に発展してしまうケースさえあります。

それでは、キャバクラでお客様と長く付き合うためには、どのように接するのがベストなのでしょうか。

それは二人の関係を「恋愛ではなく信頼」に変えるイメージを持って接する事。
そして信頼関係がしっかり構築できたお客様が増えていくと、比例して指名率や売り上げも伸びていく。
信頼関係を気づいたお客様はちょっとやそっとの事では離れないリピーターになってくれます。
まずはこの事をしっかり覚えておいてくださいね。

  お客様を理解しようとする

キャバクラにやって来る男性の中には「承認欲求」を満たしたい方がかなりいます。
お店にやってくると

 

俺は明石家さんまの友達と友達だ

 

毎月100万円の収入があってお金の使い道に困っている

 

俺は東大卒で勤務先は中央省庁だ

などお店に来ると自慢ばかりするお客様は必ずいるもの。
彼らの言っている事が真実かどうかは別として、このような話しをするのは自分自身の承認欲求を満たして欲しい心理の現れなのです。

例えば、普段から会社や家庭で大事にされていない、意見を言っても聞いてもらえない、そんな存在感のない方なのかもしれませんね。
そのようなお客様に「嘘ばっかり言わないでくださいよ」と冷たく突き放すとプライドを傷つけてしまいますので、要注意です。

人は誰でも「自分を受け入れて欲しい、理解して欲しい」という気持ちがあります。
いわゆる「承認欲求」ですね。
男性は特に承認欲求が高いですので、否定せず、笑顔でお客様の話しを受け入れましょう。

無理に会話を盛り上げようとしなくても、キャバ嬢から笑顔で「そうなんですね」と言ってもらえるだけで男性は癒される、という事を日ごろから意識しておくと良いでしょう。